クレジットカード現金化の問題点

クレジットカード現金化自体は、お金に困っている人にとって嬉しいサービスです。しかし、その利用自体は問題視されているところがあります。それは多重債務を助長する面があるからです。

クレジットカードにもキャッシング枠があります。その枠が利用できるなら、クレジットカード現金化を利用するよりも低リスクでお金が借りられます。しかし、その枠がすでに限度額に達している人が、ショッピング枠を利用するために現金化をする場合がほとんどです。

クレジットカード現金化のために商品を買っても、買い物をした際の支払い分は返済する必要があります。たとえば高額の商品を買う場合は、分割で支払うことになることもあります。そうなると現金化の換金率引かれた分に金利が上乗せされるのです。

今すぐに現金が必要だから利用するサービスですが、支払いの負担があることは忘れないでください。しっかりと把握してコントロールできる人なら問題ありませんが、この問題に気づかず、気づいたら借金が大変なことになってしまう人もいるのです。

どれだけ便利なサービスであっても、お金を借りて返済をすることに違いはありません。無理なく返済ができる範囲で活用することが、利用する側に求められるサービスなのです。