クレジットカード現金化の悪徳業者を探る

詐欺まがいのことをしたり、犯罪を冒してでも利益を得ようとする会社は、どんな業種でも表れてきてしまうものです。

クレジットカード現金化を行う会社でも、そのような悪徳業者が存在するので注意が必要です。

業者がクレジットカードを現金化する方法で一般的なのが、私たちが何かを購入して決済をすることで、キャッシュバックといった形でこちらに現金が入金されるという方法です。そこで、決済をしたけれどキャッシュバックがもらえないといった悪徳業者も存在しているのが事実です。

また、ホームページなどの記載と実際に利用した時の話が全然違うということもあります。

例えば、こういう業者は間に入って色々な処理をしてくれているので、多くの場合手数料などを請求してきます。この手数料を色々な理由をつけて高額にしてきたり、途中でやっぱりやめますといって取引を中止しようとした場合、これもまた高額のキャンセル料を請求してくる場合があるのです。

 

このような悪徳業者は、威圧的で断らせないような話し方をしてきたり、利用者が怖がってしまうような文面で有無を言わさずこちらが不利な取引を持ちかけてくる場合がほとんどです。このような業者を利用しないように気をつけなくてはいけません。