キャッシングとクレジットカード現金化の違いとは?

クレジットカード現金化とキャッシングやサラリーローンの間にはどんな違いがあるのでしょうか。

キーワードは「総量規制」と「金利」の2つです。

「総量規制」とは、「住宅ローンなどの例外を除き、キャッシング可能な金額は年収の3分の1以下」というルールのことで、法律によって明確に定められています。

 

例えば年収300万円の人がキャッシングの申し込みをした場合、金融業者は100万円までしか貸し付けてはいけない、ということです。

もしこれを上回る金額の融資を実行してしまうと、業者は罰金や営業停止といった処分を受けることになります。

ですから年収がほとんどない人は、実質金融業者からお金を借りることができないわけです。一方、クレジットカード現金化はショッピング枠を利用するため、総量規制の対象にはなりません。

ただし利息に関する金利はキャッシングの方が有利と言われています。

キャッシングを利用する場合、年利の上限は29%と定められています。

一方、業者を利用してクレジットカード現金化をする場合、還元率によっては29%をはるかに上回る金利を支払うことになります。

例えば100万円のショッピング枠を利用して95万円を手にした場合、実質年利は63%にもなってしまうのです。

ですから「利用金額の大きさ」と「金利の安さ」のどちらを重視するのか、よく考えて決定しましょう。

つまりは利用する金額と返済する額の割合になります。

クレジットカード現金化では借入とは全く異なるため、借入の利息規定が適応されません。

そのため、利息換算するととても大きな金額になる事もあります。

そういった事から現金化自体ではなく借入とみなし、定められた利息以上の金利で貸金業を行ったとして業者が逮捕された例もある程です。

カードでお金が借りられるといった具合に宣伝したいるサイトは基本詐欺に近い業者だと考えた方が間違いありません。

優良店と悪徳な業者では書いてあることは一緒でも全く違う換金率や現金の振込みとなるため対応が必要です。