クレジットカード現金化後の選べる支払い方法

クレジットカード現金化を利用すれば、その時に必要な現金が審査などを経ずに手に入るという大きなメリットがあります。

しかし当然商品を購入するわけですから、クレジットカード会社への支払いの義務が生じるということになります。

実はここにもクレジットカード現金化のメリットがあるのです。

それが「選べる支払い方法」です。

選択できるとどんなことができるのか?

選択できる
選べる支払い方法ということは、クレジットカード会社への返済にいくつかの支払い方法があるということになります。

その一つ目は翌月の一括払いです。

翌月一括払いはもっともわかりやすい支払い方法で、購入した商品の代金を翌月に一括で返済します。

手数料がかからないので余計な出費がないのが特徴です。

ただしクレジットカード現金化を1ヶ月に何度も利用すると、翌月一括払いできないほどの請求が来てしまう恐れもあります。

続いて分割払いという方法もあります。分割払いはカードによって決められた支払い回数で代金を支払う方法です。

月々の返済額が少なくなる一方で金利手数料が取られるので支払いの総額は商品のもともとの代金よりも多くなってしまいます。

分割の回数が2回であれば金利手数料がかからないのですが、通常は3回からなので注意が必要です。

さらにリボルビング払いという方法もあります。これは月々1万円や2万円など、自分が指定した金額を支払うという方法です。

毎月の支出が分かりやすいという一方で、金利手数料が高いというデメリットもあります。

またボーナスの時期まで支払いを先延ばしにして一括で支払うボーナス一括払いもあります。

何を選択すれば適切なのか

こうした選べる支払い方法の中から、クレジットカード現金化をする場合にはどの方法がもっとも適しているのでしょうか。

もちろんその人の経済状況によっても異なりますが、もしすぐに返済に充てられる現金が手に入らないということであれば、分割払いを選ぶのが良いでしょう。

これで多少の金利手数料はかかりますが、無理なく返済を続けることができます。

ただし取引の内容によっては分割払いが選べなくなることもあります。

多くの業者が利用しているキャッシュバック方式では、クレジットカード会社に一括払いでしか返済ができなくなってしまうので注意が必要です。

このケースではボーナスの時期まで少し返済を遅らせるなどの対策が必要になるでしょう。

選べる支払い方法の中からも、現金をすぐ手に入れて無理なく返済するには賢い選択が必要になるのです。